カリキュラム

1年次 まずは基礎から

基礎分野 論理学、情報科学、環境生態学、心理学、倫理学、人間関係論、文化人類学、英語I
専門基礎分野 人体機能構造論I~Ⅲ、生化学、栄養学、疾病治療論I~V、薬理学I・Ⅱ、微生物学、医療概論、環境衛生学I~Ⅱ、関係法規、社会福祉Ⅱ
専門分野I 基礎看護学概論I~Ⅱ、基礎看護学方法論I~Ⅷ
専門分野Ⅱ 成人看護学概論、老年看護学概論、母性看護学概論I、小児看護学概論
臨地実習 基礎看護学実習I

看護の基礎的な理論や技術、また人間理解の基盤となる科目を、講義や学内演習を中心に学びます。看護の実際を知るために12月に2日間の病院見学実習、ベッドサイドで患者様とふれあう6日間の病棟実習を行います。


2年次 より専門的に

専門基礎分野 疾病治療論Ⅵ
専門分野Ⅱ 成人看護学方法論I~V、老年看護学方法論I~Ⅲ、母性看護学概論、小児看護学方法論I~Ⅲ、母性看護学方法論I~Ⅲ、精神看護学概論I~Ⅱ、精神看護学方法論I~Ⅱ、在宅看護学概論I~Ⅱ、看護の統合と実践I・Ⅲ・Ⅳ
統合分野 看護の統合と実践I・Ⅲ・Ⅳ
臨地実習 基礎看護学実習Ⅱ
※成人看護学実習I~Ⅳ、※母性看護学実習、※小児看護学実習、※在宅看護論実習、※精神看護学実習、※老年看護学実習I~Ⅱ
※は3年次までの11か月間で1クール(3週間)ずつ、領域実習を行います

成人、老年、小児、母性、精神、在宅などのさまざまな専門領域での看護を学びます。学内には各領域専門の実習室があり、各種シュミレーターや最新の機器・設備を設置し、実際の臨地場面を想定し、より実践的な学習を行います。
こうした学内での学習を基にして、2年次の1月から3年次の11月まで本格的な領域別の臨地実習に臨みます。臨地実習に臨むにあたって、「看護への誓いの式」を執り行い、あらためて看護師の道へと進む決意を固めます。


3年次 実習で実践能力を磨く

基礎分野 哲学、教育学、音楽と芸術、運動と健康、英語Ⅱ
専門基礎分野 社会福祉Ⅱ
統合分野 看護の統合と実践Ⅱ
臨地実習 ※成人看護学実習I~Ⅳ、※母性看護学実習、※小児看護学実習、※在宅看護論実習、※精神看護学実習、※老年看護学実習I~Ⅱ
※2年次で行った領域以外の実習を引き続き行い、全ての領域別実習を完了します。
看護の統合と実践実習

1,2年次に学んだ学習を基に、主な実習病院として芳賀赤十字病院、石橋総合病院、JCHOうつのみや病院の他、報徳会宇都宮病院、介護老人保健施設、保育園や福祉施設、訪問看護ステーションなどの多様な臨地実習の場で、対象に応じた看護を提供するための実習能力を磨きます。
そして、第一線での活躍を目指して、看護師国家試験に全員合格できるようにきめ細やかな指導が卒業まで行われます。